ママ・てっくん・さっちゃんの⼦どもが伸びる・賢くなるハウスツアー

⼦ども才能開花させる
子ども専門家が
つくる家
大公開!

子どもの才能は生まれつきではなく、住環境も影響します。
しかし、「子どもファーストな家づくり」は浸透していないのが現状。
子どもの才能を開花させたいなら、まずは住環境の整備から取りかかりましょう

これまで様々な住宅会社を特集してきた全研本社レジデンス編集チームは、
「住宅に関わるスタッフ全員が子どもの能力を伸ばす家づくりのプロ」という独自の路線で、
「脳科学の根拠をもとにした子どもの才能を引き出す家づくり」に特化している
株式会社リブランドに取材を実施

同社の事例を用いて、子どもにとって良い住環境のポイントを
専門的な視点から解説していただきました。

子育てをする上で重視する
住まいのポイントは?

アンケート結果

対象:「大阪府在住で子ども有」と答えた20歳~49歳の男女1,102名
期間:2022年6月23日実施(調査機関:Fastask)

教育熱心で子煩悩なママ、てっくん、さっちゃんと一緒に、子どもが伸びる・賢くなるハウスツアーに参加しましょう!

子育てをする上で重視する
住まいのポイントは?

アンケート結果

対象:「大阪府在住で子ども有」と答えた20歳~49歳の男女1,102名
期間:2022年6月23日実施(調査機関:Fastask)

もくじ

  1. 子どもが伸びる間取りを
    実際に見てみよう
  2. 子どもファーストな家に暮らすパパ・ママの声
  3. 「子どもの専門家」住宅会社
    株式会社リブランドとは
  4. 子どもの専⾨家に聞く
    家づくり・子どものこと

⼦どもの専⾨家と回る ⼦どもの才能を引き出す
ハウスツアー

株式会社リブランド滝本嘉子さん
サイト監修・子どもの専門家
株式会社リブランド
滝本 嘉子(たきもと よしこ)さん

二級建築士・二級建築施工管理技士の資格を持つ建築の専門家であり、「子どもの能力を引き出す研修」を修了、親子を対象としたイベントや相談会にて、 年間数十件にわたりお子さまのいるご家族へアドバイスを行ってきた「子どもの専門家」です。

脳科学に基づき、『子どもの能力を引き出すお家づくり』を提案するユニークな工務店「株式会社リブランド(大阪府吹田市)」のホームアドバイザーも担当しています。母であり、専門家であるからこそ伝えられる的確なアドバイスで、子どもの成長を考えた住環境づくりに貢献しています。

ママのコメントママ
建築はもちろん、教育業界にも精通している子どもの専門家に解説してもらえるのね。わくわくするわ!(株)リブランドが手掛ける、「普段の生活から子どもの能力を伸ばす住空間」ってどのようなものなのかしら?早速、事例を見てみましょう。
01リビング
Living
自ら片づける収納で公共性や協調性が育つ
もっと詳しく見る
リビング

株式会社リブランドが建てる家は断熱気密性が高く、温度管理としてのドアが不要。1階にはほとんどドアがなく、開放感のあるリビングになっています。

解放感のある広々とした空間を保つために、リビングには子どもが自ら本やおもちゃを片づけられる収納の工夫がたくさん。リビングの中央には棚を配置、ベンチの下には収納を用意しています。

自ら片づけさせることでしつけが身につくだけでなく、「自分の場所なのだから、責任をもって片づけなければならない」と責任感が育ちます。家族全員が利用する場のルールを守らせることは、公共性や協調性を育むことにもつながるでしょう。

02ダイニング
Dining
子どもの好奇心を育てる
ダイニングテーブルの広さ
もっと詳しく見る
ダイニング

よく、「賢い子どもを育てるならリビング学習が良い!」という話を聞いたことはありませんか?単に「リビング学習」といっても、住環境の工夫がなければその効果を発揮しません。キッチンから様子が見え、お互いの声が十分に届く場所であることは大前提。

まず、お子さんが勉強をする際に使うであろうダイニングテーブルは、教科書や図鑑が十分に広げられるよう広いものを選びましょう。テーブルが狭いと十分に資料を広げられず、やる気を損なう原因になってしまいます。

また、お母さんやお父さんが隣に座れるようにという意味でも、テーブルは幅の広いものがおすすめです。ダイニングで親とコミュニケーションをとりながら学習をすることで、積極的に、そして好奇心をもって勉学にはげむことができますよ

03子ども部屋
Children's Room
成長に合わせた子ども部屋で
会話を絶やさないように
もっと詳しく見る
子ども部屋

2階の子ども部屋は、お子さんの人数(家族の変化)や成長に合わせて家具などで仕切って使用することができる設計にしています。ファミリーライブラリーや来客用のお部屋として活用できる予備室を隣に設けていますが、将来、お子さんが巣立ったら、仕切りを外して大きな部屋として使用することも可能です。

ちなみに、子どもの成長という観点で考えると、子ども部屋は思春期まで不要です。親子でのコミュニケーションが子どもの能力を伸ばすことを考えると、部屋を与えるにしても、お互いの声が聞こえる・気配が感じられるような間取りがおすすめ。親の声かけがあることで、子どもは心から安心したり、好奇心が掻き立てられたり、自ら考え行動することができるのです。

04キッチン
kitchen
体幹を鍛える「はいはい」を促す
I字型リビング・対面キッチンがおすすめ
もっと詳しく見る
キッチン

赤ちゃんの「はいはい」は体幹を鍛え身体を強くすることはもちろん、胸の筋肉をしっかりと鍛えることで呼吸が深くできるようになり、集中力が高まると言われています。

子どもは縦長の方向に動く性質がありますが、より多く「はいはい」を促すなら、リビングに縦の間取りをとるようにしましょう。

またキッチンは、リビング全体を見渡せる対面タイプを推奨します。キッチンに立つ親御さんにとって、常に子どもを見守れるメリットがあることはもちろん、子どもにとっても、どこにいても親の気配を感じとれることは安心感につながります。

05玄関
Front Door
社会でも通用する
主体性を磨くシューズクローク
もっと詳しく見る
シューズクローク

しつけをしっかりと受けた子どもは、年収が高くなるというデータがあります。まずは、玄関横のシューズクロークで子どもの靴をしまうスペースを決め、「毎日靴はここにしまうのよ」とルールを習慣づけましょう。

「自分でやらせる」ことは、子どもの主体性を磨くことにもつながります。これからの社会では、教えられたこと、言われたことだけをこなすのではなく、主体的に周囲と協力しながら行動できる人材が重宝されます。実際に、学校教育の重点が「何を教えるか」から「何ができるようになるか」に転換されつつあります。

社会でも通用する子どもに育てられるよう、「子どもが自ら考え行動できる」工夫を住環境に取り入れましょう。

もう一度間取り図を見る
こんな仕掛けがいっぱいのリビングなら、僕の絵本や勉強道具、さっちゃんのおもちゃもちゃんとお片付けできそう!
こどものコメントてっくん

⼦どもの成⻑を促すには
家族のコミュニケーションが⼤切

株式会社リブランドが手掛けた住宅を事例に「子どもの才能を引き出す環境」について説明しましたが、特に重要なのは間取りなど環境の工夫によって生み出される「家族のコミュニケーション」。子どもは親との会話の中で、自ら考え行動する力を養います。そして、常に家族の存在を感じられることで安心し、のびのびと能力を発揮するのです。

これから家を建てようと考えている方は、普段の生活の中で子どもとのコミュニケーションが自然と増える間取りを意識してみてください。お子さんの将来のために、風通しの良い住環境を叶えましょう。

株式会社リブランド滝本嘉子さん
株式会社リブランド
滝本 嘉子さん

⼦どもの専⾨家がつくる
家に暮らす
パパ‧ママの声

家族のコミュニケーションを生み出すこと以外にも、住環境の工夫がお子さんに与えるメリットはたくさんあります。株式会社リブランドで子どもファーストな家づくりを行った、パパ・ママの声をご紹介しましょう。

Case 01

子どもの責任感・集中力を
育てるリビング

子どもの責任感・集中力を育てるリビング

夫婦と1歳の子どもの3人家族で暮らす家を建てるにあたって、(株)リブランドにご協力いただきました。とくに「いいな」と思ったのがリビングです。シックで落ち着きのある空間でありながら、「子どもが自由に過ごせるスペース」をリビングの一角に確保。子どもにスペースを与えることで、自分で出したものは自分で片づけるという責任感や集中力が身につくのだとか。自然と子どもの能力が伸びる空間を設けつつデザイン性を損わない、家族それぞれが心地よく過ごせる空間になりました。

※参照元:株式会社リブランド公式HP
https://www.liveland.co.jp/topics/blog/20200120-1378-2/)

Case 02

子どもの成長を見逃さないキッチン

子供の成長を見逃さないキッチン

小学生とまだ手のかかる3歳の子どもがいたので、見通しの良いキッチンにしてほしいと依頼。結果、子どもが勉強したり、絵を描く際に使うダイニングテーブルがよく見える、広々としたキッチンに仕上げていただきました。使いやすさもばっちりです。以前のキッチンは、子どもたちのいるダイニングやリビングに向けて背を向ける形になっていましたが、今は作業スペースをダイニング側に設けていただいたので、子どもたちとの会話が増えたように思います。ちょっとした変化にも気づけますしね。一日中立っていたいキッチンです。

※参照元:株式会社リブランド公式HP
https://www.liveland.co.jp/topics/blog/20200123-1396-2/)

ママのコメントママのコメント
子どもたちの能力を引き出すために大切なのは、子どもの成長や興味の瞬間を親が見逃さずにコミュニケーションをとることなのね。家の間取りや家具の配置を工夫することで、そうした機会をたくさん作れそう!
株式会社リブランド滝本嘉子さんのコメント株式会社リブランド
滝本 嘉子さん
勉強や習い事が能力を「身に着ける」なら、住環境は能力を「引き出す」役割を担っています。多くのご家庭はお子さんが社会に出るまで同じ空間で過ごすかと思いますが、たった20数年という時間の中でお子さんの能力を開花させるなら勉強や習い事だけだと少し心細いですよね。ぜひこの機会に、子どもの成長を考えた家づくりを検討してみてください。

子どもと住まいの専門家株式会社リブランド
について

株式会社リブランド

子どもが育つ家づくりを専門的に手がけている株式会社リブランドですが、どうしてここまで子どもファーストな家づくりができるのでしょうか?ママが(株)リブランドの専門家にお話を聞いてみました。

株式会社リブランドをご案内 株式会社リブランドをご案内

なぜ⾃然と⼦どもの才能を
引き出す家を
建てられるのか

Point 01

スタッフ全員が「子どものプロ」

スタッフ全員が子どものプロ

(株)リブランドでは、教育に携わってきた「子ども専門家」と、住宅・店舗を得意とする「建築の専門家」による家づくりを提供しています。

家づくりに携わるスタッフは、全員が「子どもの能力を引き出す家づくり研修、またはセミナー」を受けているのが特徴。子どもの教育に精通したスタッフが、子どもの年齢や個性をヒアリングし、プランニングをサポートしています。

Point 02

脳科学を参考にした設計

脳科学を参考にした設計

株式会社リブランドでは、脳科学のエビデンス(科学的根拠)に基づいて、子どもの自立心・集中力・学習力・言語力を最大限に引き出せる住まいの設計を提案しています。

設計については、子どもの思考の形成に良い影響を与えることが分かっている「ルールを守る」「自分で調べる」「家事を手伝う」「上質な睡眠習慣」「すぐに褒める」といった、行動や習慣がつきやすい間取り・インテリア・家具の配置などを追求。生活の中で子どもたちの能力や才能を自然に引き出せるよう、隅々まで工夫を凝らしています。

ママママ
だから
だから株式会社リブランドは、
⼦どもの専⾨家として
すぐれた家を建てられる!

なぜ(株)リブランドが子どもの能力を引き出せる家を提供できるのか、それは全スタッフが子どもに関するプロフェッショナルであることが理由のひとつ。感覚的に「なんとなく子どもに良さそう」という家をつくるのではなく、脳科学の研究によって判明した「子どもの才能を開花させる方法」に基づいた家づくりを実施。子どもの成長に適した住環境を実現し、0歳から子どもが賢く育つデザインを提案しているため、より高い効果が期待できるのです。

株式会社リブランド滝本嘉子さん 株式会社リブランド
滝本 嘉子さん

⼦どもの専⾨家が話す
家づくりのこと‧⼦どものこと

家づくりや子どもの教育について、もっと(株)リブランドに相談してみたくなってしまったママ。ここでは、株式会社リブランドが用意している相談の機会や、相談の流れなどの情報をご紹介します。

家づくりの相談がしたい!

ママのコメントママのコメント
Q.家づくりはどのような流れで行われるのかしら?

家づくりの流れが気になるわ。土地から探したいけど、子育てにピッタリな環境を選ぶことってできるのかしら。子どもファーストな家づくりを行う(株)リブランドだからこそのアドバイスが受けられるのであれば、ぜひ相談したいわ!

株式会社リブランド滝本嘉子さんのコメント株式会社リブランド
滝本 嘉子さん
家のこと、デザインのこと、
全部専門家に相談できます。

株式会社リブランドの家づくりでは、不動産ネットワークを駆使した土地選びから対応しています。気になる土地についてはスタッフが平日・土日、朝・夕の計4回の現地調査を実施。近隣への聞き込みも行い、子育てに適した環境かどうかをチェックします。設計については、建築家やインテリアコーディネーターといった専門家と直接打ち合わせをすることが可能。デザインはもちろん、子育てに関する要望などもどんどんお聞かせください。

子育ての相談がしたい!

ママのコメントママのコメント
Q.子育てについても相談できるイベントってある?

家のことについて相談できるのはわかったけど、子どもの専門家と話せる機会ってあるのかしら?もしイベントや相談会があっても、さっちゃん・てっくんのように小さい子どもは連れて行かない方が良いのかしら…。

株式会社リブランド滝本嘉子さんのコメント株式会社リブランド
滝本 嘉子さん
個別相談会や親子で参加できる
イベントを開催中です。

株式会社リブランドでは、家づくりや子育てについて気軽に相談できるイベントを開催しています。Zoomを利用した「オンライン相談会」では、スマートフォンやパソコンを通じて質問や相談を随時受付。遠方の方や、小さな子どもがいて外出しづらいといった方にもピッタリです。その他にも、子どもと一緒にお金について学べる「キッズマネースクール」、子どもの五感を育てる季節のイベントなどを不定期で開催。さまざまなイベントを通して、(株)リブランドの家づくりに触れてもらえるよう工夫しています。

株式会社リブランドへの
お問い合わせ

住所
大阪府吹田市南吹田1-5-21
アクセス
JRおおさか東線「南吹田駅」より徒歩3分
営業時間
9:00~18:00
定休日
不定休
公式HP
https://www.liveland.co.jp/
電話
0120-006-120
てっくん
さっちゃん

サイト運営者全研本社レジデンス
編集チームについて

全研本社レジデンス編集チームは、全研本社株式会社に所属しています。株式会社リブランド(旧:株式会社リブランドマネジメント)にサイト監修を依頼し、「ママ・てっくん・さっちゃんの子どもが伸びる・賢くなるハウスツアー」サイトを運営しています。サイトに関するお問い合わせは、運営者情報ページからご連絡ください。

ママとてっくんとさっちゃん
【取材協力】
(株)リブランド公式HP
電話で問い合わせる